ABOUT

PHILOSOPHY

enkel hus とは [普段使いの住み心地のいい家] という意味のスウェーデン語。
わたしたちは、使い込むほどに味の出る素材を使い、ずっと家にいたくなるような住み心地のいい家をご提案いたします。大事にメンテナンスをしながら住み継ぎたくなるような[愛着を持てる家作り]を目指します。それに加え、現代の家の断熱性能や構造にもこだわりを持ち、総合的な住み心地の良さを考えています。

ORIGINAL

焼杉の外壁

せとうちの焼杉(素焼き・塗装)。瀬戸内海沿岸で使われている焼杉。防腐・防カビ・防虫のために板を焼く技法。先人の知恵です。左官壁や無塗装の杉と組み合わせて、メリハリのある外観に。

焼き杉の経年変化

約15年ほどかけて、以下のような変化が起こります。

土間

住まいの中に適度な「間」を設け、暮らしの中にさまざまな「つながり」を作り出す「土間」。
薪ストーブで暖を取ったり、料理をしたり、庭と室内を繋げる空間で室内アウトドアを楽しんだり、使い方次第で遊びの空間が広がります。

古材

古民家のドアや海外のアンティークドア、足場板のカウンターや棚、フローリング等々。
白いすっきりした空間に古材が映えます。

造作キッチン・洗面台・浴室

好きな色に塗ったり、古材を使ったり、タイルを張ったり、オリジナルのキッチンや洗面台を作れます。お風呂はメンテナンスのしやすさと造作の心地よさを合わせたハーフユニットバス。レッドシダー・ヒノキの板張り・タイルをお選びいただけます。

スチール階段・手すり

標準仕様のスチール階段。黒のつや消し塗装と足場板の踏み板・アッシュ無垢材が空間を引き締めます。

工法・構造

木造在来軸組工法

柱・梁には松・杉の無垢材を厳選して使用しています。
ライフスタイルや家族構成の変化に合わせて間取りを変更しやすい木造在来軸組工法を採用。

通気工法

壁体内・屋根内の通気を確保します。
屋根・壁体内の湿気の放出により、内部結露を防止し、構造体、断熱材を劣化させる水分を遠ざけます。家中、空気層に包まれているため断熱効率もアップします。

基礎

基礎パッキング工法により床下を換気します。
基礎内の湿気を効率よく排出し、木材を腐らせる腐巧菌の発生やシロアリ被害を抑制します。
また、箱型のベタ基礎とし建物を強固に支えます。

平成25年省エネ基準

住宅の温熱環境に関する指標。
「断熱等性能等級4」に対応しています。
窓はLIXIL社サーモスL(高性能ハイブリッド窓)・LOW-Eガラス(高断熱高遮熱ガラス)を採用し、建物の中で一番熱の逃げる場所である窓の断熱性にこだわっています。

保証・検査

保証

「JIOわが家の保険」の10年保証付。
詳しくは株式会社日本住宅保証検査機構のHPへ

外部機関検査

自治体の行う「建築確認申請」・「構造体中間検査」(市町村による)・「完了検査」
JIOによる「基礎配筋検査」・「構造体・金物検査」・「防水検査」